ひとり、ひとりのやさしさが、
あなたの住むまちを、もっと、やさしくしてくれます。

 赤い羽根の募金活動は、まちの人のやさしい気持ちを集める活動です。
 あなたのやさしさが、あなたの声かけが、あなたの行動が、
 きっと、まちを変えていくはじめの一歩になるはずです。
 もっと、もっと、良いまちになりますように。

共同募金のしくみ

 募金の約70%は、あなたのまちを良くするために使われます。

 誰かのためにと思って募金をしたら、じぶんたちのまちのための、募金でもありました。ロゴマーク  
 まちのみんなで集めた募金は、じぶんのまちを良くする活動に使われています。

 助成額を決めてから募金(寄付)を集めるしくみです。

 共同募金は、地域ごとの使い道や集める額を事前に定めて、募金を募るしくみです。これを「計画募金」と呼び、「助成計画」を明確にすることにより、住民の理解と協力を得やすくしています。また、助成計画があるからこそ、1世帯当たりの目安額などを定めて募金を集めることができます。もっとも、寄付は寄付する方の自由ですから、目安額はあくまで目安にすぎません。

 地域で集めた募金は、集めた地域で使われています。

 集まった募金の約70%は、募金をいただいた地域で使われています。残りの 30%は、皆さんの住んでいる市町を超えた広域的な課題を解決するための活動に、山口県の範囲内で使われています。

 災害にも共同募金は使われています。

 大規模な災害が起こった際のそなえとして、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われています。

共同募金の使われ方

 じぶんのまちを良くする活動に、じぶんのまちの、やさしい思いを届けます。

 ひとにやさしいまちは、じぶんにもやさしいまちだと気づきました。
 じぶんのまちを良くする、いろいろな活動が、もっと、もっと、元気になるように応援します。

 募金は、民間の地域福祉を支える活動に使われています。

 共同募金の助成は、高齢者サロンの運営や点訳ボランティアなど草の根のボランティア活動の費用から、障がい者作業所の車の整備・社会福祉施設の改修まで、さまざまな民間社会福祉活動を支援しています。

共同募金への参加

 県内で多くのひとがやさしさを集める活動をしています。キャラクタ

 じぶんの住むまちが好き、だから、ずっと住み続けたいまち。
 そんな気持ちを、ささえるしくみが赤い羽根。
 たくさんの人々のやさしさが、共同募金を支えています。

 じぶんのまちを好きな人が、共同募金を支えています。

 共同募金運動は、多くのボランティアの皆さんにより支えられています。
 県内各地で、自治会・町内会、民生・児童委員、企業や学校関係者などの皆さんにより、思い思いの募金運動が展開されています。

 さまざまな募金活動の展開方法

  • 「戸別募金」:ボランティアの皆さんが、地域の各家庭を訪問して募金を呼びかける。
  • 「街頭募金」:街角や人の集まる場所で募金を呼びかける。  
  • 「法人募金」:企業を訪問して寄付を依頼する。  
  • 「職域募金」:企業の従業員の方に職場での募金を呼びかける。  
  • 「学校募金」:学校において児童・生徒に募金を呼びかける。  
  • 「イベント募金」:イベントを企画して募金を呼びかける。

 
その他、さまざまな方法でボランティアの方々のご協力をいただいています。