いったん収束が見えたかと思われた新型コロナウイルス感染症への感染が再度急速に拡大し、その社会的影響のさらなる長期化が懸念されており、経済的に困窮する人や社会的に孤立する人の増加や固定化が大きな課題となっています。
 そのような中で、生活に困窮する人たちを支援する活動を資金的に支えていくとともに、そうした課題や課題を解決するための活動を広く社会に伝えていくことで、誰もが孤立や生きづらさを感じている人の存在に気づき、支え合い、つながり続ける地域・社会を目指して、ポスト・コロナ社会に向けた福祉活動応援キャンペーンを展開します。

助成対象活動

(1) フードパントリー活動
   生活困窮者などに対する「食品・日用品の配布」を助成対象期間中に2回以上実施する活動を対象としま
 す。
(2) 子どもの学習支援活動
   子どもの学習支援活動を対象とします。(単発的な活動ではなく、例えば「毎週〇曜日 〇時~〇時」な
 ど、定例的な取組を対象とします。)

助成対象活動期間

 助成決定の日(令和4年7月中旬の予定)から令和5年3月31日(金)まで
 ※ 特に支援の必要性が高い夏休み、冬休み及び春休みに行われる活動を対象とし、全ての長期休業中の取組
  が望まれます。

助成対象団体 

 法人格の有無は問いませんが、民間非営利団体であり、団体名義の預貯金口座を有していることを条件とします。

対象経費

(1) 配布する食品及び日用品の購入費(フードパントリー活動)
 ※ この助成金で購入する費用は、1世帯当たり1回につき2,000円を上限とします。世帯の人数や年齢
  構成などに応じて、地域住民や企業等から提供された食品等を追加するなどの取組が望まれます。
(2) 活動に係る消耗品(3万円以内の備品を含む)の購入費
(3) 活動に要するガソリン代又は配送代
(4) ボランティアの交通費(実費)
(5) ボランティア行事用保険料
(6) 活動に使用する会場の賃借料
(7) 活動のための広報費
(8) その他本会が認める経費

助成額

 1団体当たりの助成額は30万円を上限とします。

応募方法及び助成決定等

(1) 応募期間  令和4年6月1日(水)~令和4年7月1日(金)※必着
(2) 応募書に必要事項を記入の上、預貯金通帳の写し(通帳の表紙及び1、2ページ目)を添付し、締切日
 までに本会宛て送付してください。
(3) 7月中旬に助成決定を行い、結果を応募団体宛てに通知するとともに、本会ホームページに掲載します。

※ 助成等の詳細については応募要領をご覧ください。

 

募金

(1) 募集期間: 令和4年6月1日(水)から令和4年9月30日(金)まで
(2) 使途
   コロナ禍の下、生活に困窮する人たちを支援する活動を資金的に支えていくための財源とします。
(3) 寄付金受入口座 
  ・金融機関:山口銀行 県庁内支店
  ・預金種別:普通預金
  ・口座番号:200084
  ・口座名義:社会福祉法人 山口県共同募金会
 〇その他の寄付方法
  山口県共同募金会及び最寄りの市町共同募金委員会(市町社会福祉協議会)でも直接寄付金を受け付けま
 す。
 〇寄付金の税制優遇措置
  寄付金は、特定公益増進法人に対する寄付として所得税、法人税の優遇措置の対象となります。(優遇措置
 を受けるための領収書が必要な場合は、本会にご連絡ください。)

応募・問い合わせ先

社会福祉法人山口県共同募金会
 〒753-0072 山口市大手町9-6 山口県社会福祉会館2F
 TEL(083)922-2803 FAX(083)922-2809 Email yamaguchi@akaihane.net

wordファイル「実施要項」(DOCX:20kB)

wordファイル「応募要領」(DOCX:28kB)

wordファイル「助成応募書」(DOCX:39kB)